岩手旅行!<3>浄土ヶ浜・青の洞窟・わんこそば東屋

 

 

★前回の記事はこちら★

 

www.imamuuuu.com

 

 

岩手旅行2日目に行った浄土ヶ浜と青の洞窟、わんこそば体験のことを書いていきます!

 

目次

 

 

浄土ヶ浜はとても綺麗な海でした・・・

 

岩手県宮古市三陸復興国立公園三陸ジオパークにある浄土ヶ浜

尖った岩と松の木、青の海と白い砂浜は日本らしくとても美しい景色でした。

 

f:id:imasaya:20191121080053j:image

 

「さながら浄土ヶ浜のごとし」とも詠われ、

何時間でも入られるほど心から癒されました。

 

晴れててよかったー!

 

アクセス

盛岡駅からレンタカーを借りて行きました!

なかなかの距離感ですのでご注意を。

 

住所岩手県宮古市日立浜町32

 

◆青の洞窟(八戸穴)に初潜入!

 

青の洞窟って岩手にもあったんですね!

見たことがないのでとても楽しみにしてました。

青森県八戸市まで続いているという伝説から八戸穴と名前がついたそうです。

 

三陸ジオパーク浄土ヶ浜マリンハウスにあり、受付まで歩いて行きます。

 

f:id:imasaya:20191121085655j:image
f:id:imasaya:20191121085649j:image

 

有給を取り、平日の11:30頃に行ったのですが、50分待ちと言われてしまいました・・・

人気のスポットなんですね。

※予約はできないようです。

 

浄土ヶ浜マリンハウス概要

住所  :岩手県宮古市日立浜南32-4

営業時間:8:30~17:00

営業期間:3月~11月

定休日 :無し

料金は一人1,500円で約20分間楽しめます。

 

詳しくは下記サイトをご確認ください!

 

 

www.j-marine.com

 

受付で先にお金を払い、名前が呼ばれるまで待ちます。

周りに何も無いのでお散歩するか、休憩所でぼーっとするかしかありません。(笑)

 

受付の際にかっぱえびせんがもらえます!

でもこれはたくさん飛んでるウミネコの餌用とも言えるみたいです。(笑)

 

私達はおなかがすいていたので待ち時間に食べてしまいましたが、

青の洞窟に移動するときに、かっぱえびせんを投げると

ウミネコがキャッチしてくれるというのも楽しめるようです!

 

f:id:imasaya:20191121085610j:image
f:id:imasaya:20191121085615j:image

 

青の洞窟に移動!

 

約1時間ほど待って、ようやく呼ばれ、海に落ちても浮くベストとヘルメットを装着します。

さっぱ船遊覧に乗って、様々な場所を紹介してくれつつ、青の洞窟に向かいます。

 

中に入っても全然青くない・・・

HPの写真は・・・?

もしや画像の加工か・・・?

と不安を感じました。

その中でボートを操作しつつ案内してくれるひとに「後ろを向いてごらん」と言われ

向いてみるととても綺麗な青色が!!!!!!!

 

f:id:imasaya:20191121085455j:image

 

エメラルドブルーというような色でとてもキラキラしており、感動しました。

 

 

見られたら幸せになれる!?水しぶき!

 

洞窟の奥は行き止まりになっているのですが、

波の程度によって大きな水しぶきができるようなんです。

 

この水しぶきが見れたら幸せになれるようです♪

 

私達は運良く見ることができ、嬉しかったです!

皆さんも見られるといいですね!

 

 

お昼ごはんは浄土ヶ浜レストハウス

 

浄土ヶ浜の近くにレストランがあります。

詳しくは下記サイトをどうぞ♪

 

www.kankou385.sakura.ne.jp

 

私は浄土ヶ浜おにぎり(いくら)」¥400円 をいただきました。

おにぎりが浄土ヶ浜の岩になっているんです♪おなかすいて写真撮り忘れましたが、かわいくておいしかったです。

 

店内はすごい混んでおり、席を確保するのが大変でした。

団体の方は気を付けてください!

 

龍泉洞(鍾乳洞)へ

 

次に鍾乳洞へ。

浄土ヶ浜から約1時間で到着します!

 

住所岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1番地1

営業時間:10月〜4月8:30〜17:00

                    5月〜9月8:30〜18:00

入場料:大人(高校生以上)1,000円

               小・中学生 500円

HP :岩泉町・龍泉洞WEBサイト

 

 

チケットを買い、1時間くらい中を探検しました。

 

中はとても寒いので、上着を持っていくことをおススメします!

半袖で入ったら風邪引きそうです(笑)

 

f:id:imasaya:20191126084000j:image
f:id:imasaya:20191126083956j:image
f:id:imasaya:20191126084004j:image

 

とても綺麗でした。

中は整備されているので安心です。

ただ足元が濡れているので滑らないようにだけ気を付けました。

 

神秘的な景色を見ることができ、

心が浄化されたように感じました。

 

◆駅前に戻り、わんこそばに挑戦!!(東屋さん)

 

f:id:imasaya:20191126084128j:image

 

お昼ご飯をおにぎりだけにしたのは・・・このためでした!!

東屋さんでは100杯食べると記念に札がもらえるんです!!

 

店名:東屋(あずまや)

住所岩手県盛岡市盛岡駅前通8-11

アクセス盛岡駅から徒歩1分!

営業時間:11:00〜20:00(14:30〜17:00休憩)

HPそば処 東家(あずまや)公式ウェブサイト

 

わんこそばメニュー

f:id:imasaya:20191126084344j:image

f:id:imasaya:20191126084351j:image

 

 

私たちは食べたお皿が積み重なっていく3,520円でトライしました!

 

少食の友達が100杯以上食べていたので

余裕でいけると思いますが、おなかがいっぱいだと無理だと思ったので、お昼は念には念を入れました。

 

わんこそばいざ挑戦!

 

f:id:imasaya:20191126085537j:image

 

テーブルには薬味や箸休めの食品などたくさん並んでいます。

マグロのお刺身が嬉しかったですね。

味を変えないと飽きちゃいますからね・・・

 

私たち夫婦は隣にいた家族連れの方と一緒に行いました。

 

「はい、よいしょ♪」「どんどん♪」などのかけ声と共に

おわんにおそばが入れられます。

 

店員の方が持っているおそばがなくなったら補充しにその場を離れるのでちょこちょこ休憩できます。笑

 

f:id:imasaya:20191126085605j:image

 

そして30杯くらいにさしかかった時・・・

私の胃袋はすでに8分目に来ていたのです・・・

 

100杯まで全然じゃんと思ってましたが、味に飽きてしまい、、、

結局56杯で終わってしまいました。。。(笑)

 

f:id:imasaya:20191126085637j:image

 

旦那は111杯をたいらげ、見事記念の札をゲットしておりました。

 

f:id:imasaya:20191126085759j:image

 

女の人で100杯ってすごいですね・・・

少食の友達は本当は少食ではないのか・・・?

 

最後のデザートがとてもおいしく感じました笑

 

f:id:imasaya:20191126085849j:image

 

◆2日目感想

とっても充実した1日となりました!

いろんな体験ができ、岩手を満喫した気がします!!!

わんこそばは100杯行かなかったのが悔しいですが、もう挑戦はしないと思います(笑)

普通のおいしいおそばを食べたいです(笑)

 

みなさんの旅の参考になればうれしいです!

 

いまむ。